福島の13事業所が恊働で作ったバッグや鍋敷きにもなる鍋つかみ

東日本大震災時、影響は障がい者福祉事業書にも及びました。そこで、移転先で継続でき、何より障がいを持つ方が関わりを持ちやすいものをということ想いのもと、企業、NPO、ボランティアの地域住民など、各協力機関それぞれの専門性を持ち寄り、課題解決へ向けてプロジェクトを誕生させたそうです。

保存

保存