難民問題・難民支援に取り組むNGO・NPOなど9選

humanitarian-aid-93972

最近は、シリア難民の新聞やTVなどのニュースで「難民」のことが話題に上り、「難民」について興味を持った人も多いと思います。難民は、紛争や、宗教、人種、政治的活動、思想といった理由で迫害を受けたり、生命の安全を脅かされ、自分の住んでいる場所から逃げた人を指し、希望してその地を離れた訳では無いので、早急の支援が必要です。

また、日本にいる難民の方がクローズアップする機会が増え、そんな方の支援をしたいと思っていても、1つ1つ団体のサイトを見て活動を見ていくのは大変ですよね。そこで、国内外で活動している難民の支援団体を9つピックアップしました。

UNHCR Japan

アンジェリーナ・ジョリーの活動でご存知の方も多いと思いますが、UNHCR(ユーエヌエイチシーアール)は1950年に設立された国連の難民支援機関で、国連難民高等弁務官事務所(United Nations High Commissioner for Refugees)の略称です。紛争や、宗教、人種、政治的活動、思想といった理由で迫害を受けたり、生命の安全を脅かされ、自分の住んでいる場所から国内の別の場所や、他国に逃れなければならなかった難民・避難民を国際的に保護・支援し、難民問題の解決に対して働きかけています。

本部:スイス・ジュネーブ
活動内容:難民・避難民を国際的に保護し、支援
活動地域:アフリカやヨーロッパ、アジアなどの世界約125か国

国連WFP

出典: https://ja.wfp.org/

国連WFPは、国連機関で飢餓のない世界を目指して活動する「国連世界食糧計画」と、それを支援する認定NPO法人である「国連WFP協会」という2つの団体の総称です。

国連WFPは、学校給食を中心に、毎年平均81カ国でおよそ9,000万人に食糧支援をしている国連の機関で、戦争や内戦、自然災害が発生した場合、必要とされる場所に食糧を配給したり、経済・社会の開発を促進するなどの支援を行っています。

最近では、シリア難民への支援が簡単にできるスマホのアプリをリリースしたり、瞳の虹彩を使用した支援のシステムを地元企業と開発をしています。

本部:【国連世界食糧計画】イタリア・ローマ 【国際連合世界食糧計画WFP協会(国連WFP協会)】日本・横浜
活動内容:食糧欠乏国への食糧援助、天災などの被災国に対しての緊急援助など
活動地域:世界70か国以上

ピースウィンズ・ジャパン

2014年に起こった豪雨による広島市の土砂災害や、2015年のネパールでの地震、2016年の熊本・大分で起こった地震の際に、災害救助犬を派遣。 1996年に設立され、約20年の支援実績を持つNGOさんです。「必要な人びとに必要な支援を」をモットーに、紛争や災害、貧困などにさらされている人 びとに対し、これまで世界26の国と地域で支援活動を実施。

難民や国内避難民に対応し、飲み水の提供、トイレ、仮設住宅、および教育環境の整備などを行い、最近では、イラクに逃れたシリア難民、またイラクの国内避難民や、ケニアのダダーブ難民キャンプなどに支援をしています。

本部:日本・広島
活動内容:緊急支援/復旧・復興支援/開発支援
活動地域:イラク/ガザ/南スーダン/東ティモール/スリランカ/ケニア/東北/広島/アフガニスタン/ネパール/モンゴル/ミャンマー/東京など(※2016/7/15現在 公式サイトによる情報)

国際NGO AAR Japan

1979年に、インドシナ難民を支援するために、 政治・思想・宗教に偏らない市民団体として、前会長の相馬雪香が設立を呼びかけた団体。これまでアジアやアフリカ、旧ユーゴスラビアなど60以上の国・地域で活動し、現在は難民だけでなく、難民や被災者への緊急・復興支援や、障がい者支援、地雷対策、感染症対策、啓発等を行っています。

本部:日本・東京
活動内容:難民や被災者への緊急・復興支援/障がい者支援/地雷対策/感染症対策/啓発等
活動地域:ラオス/カンボジア/ミャンマー/ネパール/バヌアツ/パキスタン/アフガニスタン/タジキスタン
/トルコ/シリア/ギリシャ/スーダン/ケニア/ウガンダ/ザンビア/ハイチ/日本(※2016/7/15現在 公式サイトによる情報)

特定非営利活動法人 ハビタット・フォー・ヒューマニティ・ジャパン

適切な住環境に暮らすことは、より良い、平和な社会を築き上げる第一歩と考え、アフリカ・アジアなど世界約80の国で住居建築や自立支援を行う、国際協力NGOであるハビタット・フォー・ヒューマニティの日本支部です。

海外事業には、「海外建築ボランティアプログラム(GV)」と、災害が発生した地域や紛争後の社会において「緊急・開発支援プロジェクト」実施し、帰還した難民のための600軒の住宅なども行っています。日本国内においては、被災地の住宅補修や、セルフ・ビルドへの支援などを行っています。

本部:日本・東京
活動内容:住居建築、自立支援、緊急・開発支援プロジェクトなど
活動地域:世界約80カ国

国際協力NGO ワールド・ビジョン・ジャパン

キリスト教精神に基づいて開発援助・緊急人道支援・アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGOワールド・ビジョンのに日本支部。シリアや南スーダンなどで難民支援を行い、食糧や生活用品の支援を行います。物資の支援だけではなく、避難先のコミュニティにおいて教育支援なども行っています。

住んでいる地域、年齢、性別などから、子どもを選んで支援することが出来る「チャイルド・スポンサーシップ」が有名です。

本部:日本・東京
活動内容:貧困/教育/水衛生/保健・栄養/紛争・難民/災害/人身取引(人身売買)/持続可能な開発目標など
活動地域:2014年度、ワールド・ビジョン・ジャパンとして33カ国で137事業

認定NPO法人 難民支援協会

日本にいる難民を支援している1999年に設立した認定NPO法人。難民申請のための法的支援、医・食・住の確保 、自立に向けた支援などをサポート。年間1万件以上寄せられる相談に対し、専門的なスタッフが一人ひとりへ支援を行っているそうです。

さらに国内の難民制度改善のための政策提言・調査研究、や情報発信なども行い難民を支援しています。

本部:日本・東京
活動内容:貧困/教育/水衛生/保健・栄養/紛争・難民/災害/人身取引(人身売買)/持続可能な開発目標など
活動地域:日本

特定非営利活動法人 日本紛争予防センター

日本政府、国際機関、内外NGO等の関係諸組織と協力し、紛争の被害者に対し人材育成を行い、平和構築の担い手にする活動など紛争予防・平和の推進を図る活動、国際協力の活動、これらの活動をおこなう団体の運営または活動に対する支援、助言または調整活動を行っているNPO法人です。

ケニア、ソマリア、南スーダンなどで活動を行う他、国内でも講演や啓発活動を行っています。

本部:日本・東京
活動内容:紛争予防・平和の推進を図る活動、国際協力の活動、これらの活動をおこなう団体の運営または活動に対する支援、助言または調整活動
活動地域:ケニア、ソマリア、南スーダン

公益社団法人 シャンティ国際ボランティア会

出典: http://sva.or.jp

教育には人生を変える力があると考え、子どもたちに教育の機会を届けるためのこう行く支援や、緊急救援をおこなうNGO。アジアで活動を行っています。

現在、タイ・カンボジア・ラオス・ミャンマー(ビルマ)難民キャンプ・アフガニスタン・ミャンマーの6つの地域で、図書館の設置や、移動図書館を作る「図書館事業」。「学校建設事業」。「奨学金・学生寮事業」。の3つの事業に加え、国内外での緊急救援活動を行なっています。緊急救援活動では、地震や水害の被災者たちに、食料や物資の配達などをしています。

本部:日本・東京
活動内容:図書館事業、学校建設事業、奨学金・学生寮事業や、国内外での緊急救援活動など
活動地域:アジア