気軽に募金・寄付ができるスマホの無料アプリ5選

hands-coffee-smartphone-technology

普段から持ち歩いているスマホ。SNSや、写真撮影など、既に生活とは切り離せない状態になっている人も多いのではないでしょうか。

実はスマホから手軽に募金・寄付が出来るアプリがいくつかリリースされているのをご存知ですか?まだ知らないという人は、ぜひこの機会にダウンロードして、気軽にアプリから寄付してみて下さい。

iSave

出典: 

応援したいNGO/NPO団体の活動をTwitter・Facebook・LINEでシェアすると、CSRなどNGO/NPO団体をサポートする企業より1円寄付されるアプリです。寄付先はさまざまでジャンル別から選べます。自分の寄付金額もチェックできるので、毎日シェアするのも良いですね。

Table For Two

食事の写真をアップすると、東京大学発の技術によりカロリーと栄養バランスを自動で解析してくれるアプリです。ヘルシーな食事写真をアップしたり、他のユーザーの食事にコメントを5回書くことにより、協賛企業から1円がTABLE FOR TWOに寄付され、アフリカの子供達の給食になります。

 

かざして募金

登録された寄付先(非営利団体)のポスターやチラシ等にかざしたり、アプリ内から指定することができます。もちろんソフトバンク公式のアプリ。アプリ内では毎月決まった額を継続的に寄付できる、「毎月継続寄付」(ソフトバンクユーザーのみ)と都度寄付を選んで寄付できます。ソフトバンクユーザーは携帯電話料金と一緒に請求され、ソフトバンクユーザー以外はクレジット決済となります。

ShareTheMeal

国連WFPが開発したスマホから簡単に食事が送れる支援アプリ、スマホをタップすると、あらかじめ登録しておいた支払い方法で60 円が寄付されます。募金は、国連WFPの学校給食プログラムを通じて、シリア難民の子供達などの支援に使われます。

FOODeliver(フーデリバー)

学校給食を中心に、毎年平均81カ国でおよそ9,000万人に食糧支援をしている国連WFP開発したアプリ、国連WFPが目指す飢餓ゼロの活動についてもっと知り、参加(寄付)することのできる無料スマートフォンアプリです。アプリ内から寄付が出来るだけでなく、国連WFPのニュースを読むことが出来ます。