野菜だけでなく、卵やお肉にまでこだわったオーガニックカフェ「みどりえ」

- PR -

オーガニックカフェみどりえトップ画像

静かな時間を過ごせるオーガニックカフェ「みどりえ」、シンプルで清潔な店内でおいしいご飯を食べられます

おしゃれな沿線として有名な東急東横線『学芸大学駅』の程近くにあるオーガニックカフェみどりえは、清潔感あふれる店内で、ビルとビルの間にありながら、中庭風のデッキや店内に置かれた緑でホッと一息できまるで別世界のよう。

体調を崩し、食の大切さに気づいたというオーナーが始めた系列のレストランと共に、契約農家から送られる新鮮な有機野菜や無農薬あきたこまちの玄米。自然いっぱいの中で育った卵、人口飼料や抗生物質を使わず育てた地鶏やエビなど、厳選した素材を使っています。

ランチタイムは11:30-14:30、今回はちょっとずつ色々な物を食べられるみどりえランチプレートを頂きました。車麩の味噌カツ、有機野菜のスペインオムレツ、海老と豆腐のハンバーグ+3品のおまかせ野菜料理、玄米、ベジタブルスープ付きで1,280円(税込)。

オーガニックカフェみどりえのみどりえランチプレート画像

女性にうれしいちょこっとずついろいろなものが食べられる。みどりえランチプレート。車麩の味噌カツ(真ん中)は、感動の食感、海老と豆腐のハンバーグはエビとお豆腐のやさしい甘みが後を引きます

メニュー全体にいえることですが、ほどよくお肉や卵など動物性のものを使っているので、野菜だけでは物足りない……、という人にも満足できます。

ランチメニューはその他、隔週程度で変わる15種類の雑穀が練り込まれた生パスタのセット1,150円(税込)や有機野菜と玄米のカレー1,050円(税込)、ナシゴレン1,150(税込)など種類も豊富です。

また、みどりえにはスイーツが常時数種類あり、卵やバターも使わず、甘味もメープルシロップなどで付けているマクロビスイーツなどもあります。

今回スイーツは今話題の米粉のスイーツをチョイス。中には甘さ控えめの生クリームとフルーツが入っています。このフルーツは季節などによって変わるそうで、これからマンゴーなども入るそう……。

オーガニックカフェみどりえの米粉のロールケーキ 画像

米粉のロールケーキ、スポンジケーキは普通のスポンジケーキと変わらない食感とお味、中のフルーツがオーガニックだから味がぎゅっと詰まっています。コーヒーはもちろんオーガニックコーヒー。

また、水も氷も使わず大きなボールに山盛り一杯の有機野菜や果物を使い、生きた酵素や野菜の栄養素をそのまま摂る事ができるジュースもあり、2010年8月からは、その野菜ジュースと、ストレッチエクササイズ、そしてランチを併せたワークショップもはじまるようですので、アンチエイジングや健康が気になる方は是非チェックしてみてください。

夜は5-6時間カレー粉と具材を炒めて作るカレーの種類が増えるなど、ディナーのメニューも充実。無添加宅配弁当&パーティー料理ケータリングサービスなどもしているそうで、渋谷区、世田谷区、新宿区などは配送料無料、その他の地域も配送可能なところはWebサイトでチェックすることができます。

【オーガニックCafeガイド】
東京都目黒区鷹番3-4-18八木ビル102
東急東横線学芸大学駅より徒歩3分
営業時間 11時30分~21時30分(L.O/21時)
休/年末年始を除き無休
予約/可
オーガニックカフェ みどりえ HP http://www.midorie-organic.com/

【関連リンク】
スローな時間がごちそうになるオーガニックカフェ「カフェスロー」
社会貢献×ファッションがカッコイイ、今年の春旋風を巻き起こしたMODE for CharityのTシャツ
絶滅危惧種が描かれたデザインが美しいiPod/iPhoneのアクセサリー「erathwear」
森を感じる間伐材のエコシックでおしゃれなバッグ
オフィス使いもできるエコ&フェアトレードなデザイナーズアクセサリー